女性用媚薬の依存性について

女性用媚薬の依存性について

大切な人とのセックスは、コミュニケーションのひとつでもあり、年齢に関わらず、いつまでも楽しみたいものだと思います。

しかし、女性のオーガズムは男性のものと比較すると、ホルモンバランスや自律神経などへの精神的な依存度が高く、ただ刺激を与えたからといって達するものではありません。

セックスのプロと言われるAV女優さえも、常にオーガズムに達するのは難しいと述べていて、女性用媚薬を利用している人も多いようです。

しかし、女性用媚薬を使わないと楽しめないという依存の危険性も孕んでいますので、セックスのたびに使用するのは問題があるかもしれません。

女性用媚薬には、主に血行を促進する成分や、中枢神経を刺激する物質が配合されているのが特徴です。どきどきと胸が高鳴り、一種の興奮状態に陥ります。その感覚が心地良いのだと思われます。

ただし、血行を増進するので、もともと血圧の高い人や肝機能に問題がある女性が、頻繁に使用するのは危険が伴います。顔の火照りを感じたり、頭痛や腹痛を訴える人もいます。

もし、薬を使ってみて、あまりにも動悸が激しくなったり、そわそわと落ち着かない気分になるのであれば、しばらくは控えるようにしてください。

また、女性用媚薬を個人輸入した場合に、先に述べたような副作用が出やすいと言われています。日本で売っている海外製品は、国内の厳しい安全基準を満たして販売されているものなので、重篤な副作用を心配する必要はありません。

そういった意味でも、国内にあるものを使うことをおすすめします。媚薬を飲むという行為だけでも、興奮する女性は多いでしょう。

中枢神経を刺激されると心地良くなるのですが、その感覚を忘れられずに、アルコールなどに混ぜて飲む人がたくさんいます。

泥酔状態では効き目はありませんので、少量のアルコールに入れるようですが、本来ならばあまり酔った状態での使用は好ましくありません。

異性とお酒を飲むたびに常用するようになり、依存の危険性があります。女性用媚薬は、特別な日に使うなどと、自分でルールを作って楽しみたいものです。

男性が女性に使うときは、必ず女性側の同意を得ることが基本です。黙って飲み物に混ぜ込むような行為は、犯罪とも言えるでしょう。セックスを楽しみたいのは、男性も女性も同じです。

しかしそのために副作用を感じたり、身体に合わないとわかったときは、潔くあきらめることも必要だと考えるべきです。