間違った女性用媚薬の使い方

間違った女性用媚薬の使い方

女性もまた男子同様に性欲があります。性欲は不健全なものではなく、生物が自然と持っている本能です。女性の性欲は男性よりも少ないと言われていますが、個人差があります。

バイオリズムの流れによっては、男性よりも女性の方がセックスをしたくなる気持ちが強くなります。

愛する男性のペニスを受け入れたい、信頼する男性と激しくベッドの上で汗を流して愛を確かめたい等、こういった気持ちが突然湧き上がっても、特に不思議ではありません。

ただ、女性の体はとてもデリケートです。性欲がバイオリズムの影響で非常に高ぶったとしても、日頃のストレスや疲労などで体の感度がイマイチ高まらない事もあります。性感帯の感度は強いストレスや蓄積した疲労感で減退します。

最近では社会に出てキャリアウーマンとして働く女性も増えてきました。大学生の頃はセックスで強い快楽を感じられたのに、社会人になってからは殆ど性感帯で感じなくなってしまった、そんな方々もいらっしゃいます。

性感帯の感度が減退しますと、自ずと膣から溢れる膣液も低下します。膣液が慢性的に不足すれば、膣周辺がセックスを始めても乾燥したままです。

男性が勃起したペニスを挿入しようとしても、膣が乾燥し切っていては入り口に滑り込まず、そこでナイトライフが終わってしまいます。

また半ば強引にペニスを押し込めば、セックスは始められますが、膣が乾燥していれば、男女双方とも性器が痛むばかりです。

女性用媚薬は健全な女子のナイトライフを支えます。乳首やクリトリスを刺激されても最近全く感じなくなって来た、膣液が不足していてセックスが正しく行えなくなった、そんな女性に女性用媚薬は最適です。

セックスを始める前に、媚薬1錠を摂取しておけば、性感帯の感度が普通の状態に戻ります。その結果、乳房を触られたり、舐められるする事で激しい快楽が実感出来るようになり、自然と膣液も分泌されます。

女性用媚薬は特別な効果を持つ医薬品であり、間違った使い方をすると効果は半減します。例えば、媚薬の主成分は油とお酒に弱く、食後に服用してしまった場合、その効果が半減したり、ほとんど喪失したりします。

また女性用媚薬は即効性が抜群に強い製品です。持続時間は4時間から6時間と平均的なものです。

セックスを始める直前ではなくいわゆる夜のデートを始めた時など、かなり早めのタイミングで服用してしまうと効果時間中にセックスが出来ず、みすみす女性用媚薬のメリットを無駄にしてしまいます。

また元々海外製の商品なので、日本人女子には効果が強力過ぎる事もあります。一度服用して効果が強すぎると思った方は次回からは砕いて服用しましょう。